赤野公昭 あなたの原点を探すコーチ&ファシリテータ

ゼロのメンタルトレーニング~家族という「業」を乗り越え、共に生きる 2016.12.4

ゼロのメンタルトレーニング~家族という「業」を乗り越え、共に生きる 2016.12.4

メンタルトレーニングアカデミー代表の赤野がお送りする
メンタルメソッドの新作発表会!!

雑誌「ゴルフダイジェスト」にも特集が掲載され、
アメリカロサンゼルスでのセミナーでも
大きな成果を上げているメンタルコーチ赤野の
禅×メンタルの考えをみなさんにお伝えいたします!

今回は午前と午後それぞれ別の2時間セミナーとなります。

禅メンタルトレーニングの最新メソッドが2時間で体験できる機会と
なりますので、午前だけや午後だけの参加もお待ちしております。

日程 12月4日(日)14:00~16:00
会場 スペースアルファ三ノ宮
参加費 5,000 yen

プログラムの狙い

「家族」。それは最初の「縁」であり、最大の「縁」です。子は親に無条件に愛されたいし、親を大好きでいたい。しかし、それは願いであって、それゆえに家族が私たちの苦しみのもとにもなっています。現実にはなかなかうまくいきません。それは、親が無欲であることはない。子供に自分のエゴで期待をする。思い通りにしようとする。それは親が背負っている「業」、言い換えれば気質です。人はそれぞれの「業」を持っている。まずは親の「業」を正しく理解することが、家族関係を考える大事なステップです、

親子、夫婦ほど思い込みが強い関係性はありません。親はこうあるべき。子はこうあるべき。家族はこうあるべき。皆さんは家族に関してどのような思い込みがあるでしょうか?この思い込みとは執着であり、それぞれの執着がぶつかるのが家族です。思い込みを外して「正しい理解」が出来るようになることが、家族という関係をゼロにリセットする第一歩です。

家族の基本は、「ニュートラルであること。」無理に仲良くする必要はありません。それよりも、家族という本質を理解することで、苦しまない、健全な関係を作っていきましょう。

プログラム内容

①親の「業」とは何か?
②自分の心の癖、思い込みは何か?
③家族という本質とは。家族への大きな勘違い。
④罪悪感と思い込みにどれくらい支配されているかを知る
⑤分かってもらえない苦しみ~親の執着と子の執着がぶつかる
⑥ニュートラルな家族関係にむけて 苦しみのない健全な状態を作っていく
 ~求める愛から自由な愛へ
※プログラムの内容は当日予告なく変更することがあります。ご了承下さい。