赤野公昭 あなたの原点を探すコーチ&ファシリテータ

お客様の声

日新グループ 古竹孝一様

当初、私は、コーチングと言えば部下や同僚への喋り方や好意をもってもらうためのアプローチの仕方だと認識しておりました。以前にコーチングを一度体験したことがあったので笑顔で頷いたり、相手の話した内容をもう一度繰り返してみたり、何度か講習受ければそれでOKなのかな?という気持ちでコーチングを受けてみました。

皆さんは、「自分が思っていても形に出来てないもの」「考えがボケて見えて理解してないこと」っていくつかありませんか?私は沢山ありました。

家族や妻に対しての思い、会社や従業員に対する思い、自分自身への問いかけに正面から向き合うことは、実はとっても難しく、なかなか出来てない人が多いんじゃないかなと思うのです。それを赤野コーチは、コーチングという形で正面から向き合う時を作って下さいました。

決してコンサルタントという上からの目線での指導ではなく ちょっと隣に座って同じ目線で感じてくれるというスタイル。最初の頃 私はコーチングの際にいつも自己防衛の壁を作っては、「なんとか頑張ってます。」とずっと言っていました。でもそんなことは、コーチからするとすぐにバレちゃうんですよね。毎回受けるコーチングは、必ずヒントが得られ、とっても清々しい気持ちにさせてくれます。別に褒められることはそんなになかったですが、私はだんだん言い訳をしなくなりました。

ある時 私は妻と二人でもコーチングを受けました。2人で受けるというこのシチュエーション自体が大変違和感ありましたが、真剣に2時間コーチングして頂きました。一つ分かったことは、毎日一緒にいる人なのにこんなにも彼女を理解していなかったことを私は理解しました。
今 私は、あの頃よりかなり彼女を理解することが出来たように思います。(まだ指導してもらっている最中ですが。)

そして私は感じています。

コーチングという立場の最大のポイントは、答えを導き出すのは、先生でもなく立派な著書でもなく、コーチングテクニックでもなく、私自身であることであったことです。
コンサルタントのように「こうすれば儲かる」「こうしないと貴方は間違っている」と言われて改善していくのではないのです。すべて自分が答えを出していくのです。

恥ずかしながら私は経営理念を持ってませんでした。たぶん世間にありがちな言葉で作成したことはあったと思いますが、自分の言葉ではなかったのでした。ある時 私は、赤野コーチに「私は後継者で理念がないんです。だから色々見失っているんです」と。
赤野コーチは「では一緒に作りましょう。貴方の言葉で作りましょう」と
先日、やっと自分の言葉で経営理念を作成しました。今からもっと具体的に理念に身を埋め精進したいと本気で思うようになりました。

コーチングを身近に感じることができ、二人三脚で変わっていけたのは、赤野コーチのお蔭だと思っています。
まだまだ不甲斐ない一面は多々あるのですが、これからもコーチングという二人三脚の授業を受けながら正面から自分と向き合っていきたいと思います。

プロゴルファー 前田和宏様【東北福祉大学ゴルフ部卒】

プロゴルファーの前田和宏と申します。

受講する前は、ゴルフをする上で技術面だけを伸ばそうと考えていました。
しかしゴルフをする上で、メンタルは非常に大きく重要なウエイトを占めています。
赤野コーチとのコーチングで今まで気づかなかった自分自身にたくさん気づくことができました。




自分に対して冷静になれる、
より一層集中力が高まる、
プレッシャーや緊張感を感じながら力に変えられるようになりました。

また精神的にシンプルな考えになり余裕を持ってプレーできるようになり
前よりゴルフが楽しく感じられるようになりました。

自分の可能性、そしてこれからのゴルフ人生が
大きく広がりつつあるのをすごく実感しています。

これからも何卒よろしくお願いいたします。

プロゴルファー 江島太一様【東北福祉大学ゴルフ部卒】

以前の私は自分に自信がなく、ゴルフに対しても
不満ばかりでいつも悩んでいました。

ゴルフは技術が大半を占めているスポーツだと思います。しかしその技術を生かすには自分をベストの状態に持っていくメンタルが必要です。ゴルフがメンタルのスポーツだといわれる所以です。

赤野コーチに会うまでの私のゴルフは
全然型になっていませんでした。

ショットへの自信があるというだけで、やみくもにピンだけを狙い、浮き沈みが激しいゴルフだったと思います。

コーチングを受け始めてから、ゴルフは準備、心構え、決断、そしてリズムを整え、最後は自分を信じ切って打つという自分にあった流れができてきました。それをやることで足りないところが見え、今自分が何をしたらいいのか課題も明確になってきました。

人の事は気にせず、たんたんと自分のゴルフは高めていく、まだまだ足りないものはいっぱいありますが、あきらかに精神状態だけでなくゴルフのプレーが変わっていくのが分かりました。そして何よりもゴルフがとても楽しくなりました。

赤野コーチのコーチングは、自分に中にあるアクを取り除いてくれたような気がします。

毎回どんなことがしたいのか明確になるので不安が消え、これでいいのだと自信をもってのぞめます。大学を卒業した後、先輩や同学年にも江嶋のゴルフは変わったといわれています。

今後は自分のやるべきことを小さな事からでもいいので、コツコツとクリアし、うまいゴルファーではなく、強いゴルファーになれるようしっかり頑張っていきます。

夢はでっかくメジャー、目標はツアー、こんな私でもやれるんだ、あんなスイングでなぜ曲がらないんだというプロゴルファーを強い意志を持って目指していきます。

赤野コーチ、これからもご指導よろしくお願いいたします。

有限会社茉莉華 松本美帆様

私と赤野コーチとの出会いは確か5年ほど前になると思います。
会社を立ち上げて10年ほど経ったころ、大先輩の経営者の方からお食事に誘われてご紹介いただきました。
ただ、その頃の私はまったくコーチングに興味はありませんでした。
実は会社のこと、社員育成のこと、さまざまな悩みを抱えていたのですが、まさかその悩みの解決の糸口が自分自身にあることなどまったく気づいていませんでした。



そんなある日、赤野コーチが主催する楽しい講座があるとお聞きして、大切な右腕でもある従業員といっしょに参加しました。
その従業員が数年後どうしても赤野コーチのコーチングを受けたいと懇願され、これは私も必要なときが来たと思い2人で個人コーチングを受けさせてもらうことになりました。
おかげさまで自分がどれほど心を開かない人間であるか、自分にも他人にもどれほど厳しい人間であるかが分かってきました。

よく「社長が変われば、社員もかわる」と聞いていましたが、まさしく私のことを示す言葉でした。
現在、赤野コーチには全体ミーティングにも入っていただき、会社全体で、変化、変革、進歩しています。

妹尾弦様 【早稲田大学社会科学部】

赤野さんは、僕に目標を定めてその目標を立てるにはどうしたらいいかを自分で考えるきっかけを作ってくださいました。
最初は大学に行くかどうかも定かでなく、勉強に対してあまりやる気はありませんでした。
また親からの紹介だったので、あまりコーチングを受ける気はありませんでした。
そんな中でも、赤野さんは粘り強く関わってくださり、まずは定期テストの点数から目標を決めるところからはじめました。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが少しずつ成績があがり勉強へのモチベーションがあがってきました。
ちょっとしたことでやる気が出たり、逆に自信を失ったり・・・そんな自分をずっと励まして応援してくださいました。
また実は「記憶力」が強みであるということにも気づかせていただけました。それまでは苦手なことばかりで自信がまったくなかったのですが、おかげで日本史が一番の得意科目になったのです。自分でもまさかと思うような結果が出たのです。
そして最終的には夢だった大学への合格までコーチングによって支えていただけました。
おかげさまで今では、自分で成し遂げたい目標に対して成功するためのプランづくりが以前よりも上手くなった実感があります。
また高校3年間の経験がこれからの人生に生きてくると思います。
ありがとうございました!

株式会社 二蝶 様(料亭・飲食業)

わが社ではこれまで社員全体でのコーチング研修、会議の進め方研修(ファシリテーター育成のための研修)など行ない、社員同士のコミュニケーションを円滑化させる取組みを行ってきました。
また、業務に関する会議やミーティングにも参加していただき、さまざまなアドバイスも頂戴しているほか、経営者、責任者が個人コーチングを受けることで、事業を前進させるためのさまざまな気づきや学び、勇気をいただいています。

そんな中で、コーチングでは自分がどのような性格でどのようなタイプの人間かを改めて発見することができ、同じ考え方、全く違ったタイプの人にはどのように接したら良いかなどがよくわかりコミュニケーションの取り方がスムーズになりました。

また会議の効率の良い進め方、具体的な手法を学び、全員が参加できる会議、楽しい雰囲気で進められる会議作りに大変役にたっております。

また実際に会議に入っていただくことで現場だけの偏った意見だけでなく、客観的な立場で具体的なアドバイスいただきとても参考になっています。またメンバーの思いや普段抱えている問題を引き出してくださるので会議が非常に活性化しました。さらに具体的目標を決め、それに向かって確実に前進していることを実感しています。

赤野コーチは親身になってじっくりと話を聞いてくださり、必ず良いところと改善するべきところを的確にアドバイスしてくれるので、話をしているだけでいつも気づきがあります。また食べることが大好き(二蝶にとっては大きなことです)で、わが社にとっては価値観も共有できるところが魅力でもあります。

今後はわが社の経営理念の「和」に向かって社員同士がお互い尊重しあい、他人の意見を素直に聞き入れる広い心を身につけ、個人個人が成長できる企業を目指していきたいです。

そのためにも常に二蝶のために誠心誠意支えてくださっている赤野コーチとは末永いお付き合い、御指導を賜り成長し続けていきたいと思っております。

アセッターズ株式会社 (証券仲介業)

私たちはコーチングを経営者の為ではなく、
従業員一人一人の為に受けさせて頂いています。

若い営業員が主体の弊社においては日々の活動の中で様々な壁にぶつかっています。

営業の取り組み方、モチベーションの保ち方、経営者の方々に信頼される
ナーやコミュニケーションなど、トータル的な営業力アップに役立てています。

弊社の場合、変化は顕著に売上にも表れています。営業会議を兼ねた全体のコーチングにおいては定期的に先月の結果検証から来月の目標設定、問題点の修正など、具体的な経営戦略にも携わって頂いています。

その為、すぐにそして継続的に行動に移していくことが出来ています。

赤野コーチの魅力は全体のエネルギーが上がる「ちょうど良いコーチング」だと思います。

人によってはポジティブ過ぎてもネガティブ過ぎても
エネルギーは上がらないかもしれません。

コーチはその人、その組織に合った「ちょうどいい目線」を常に持って
全体のエネルギーアップに取り組んでいただいています。

今後目指すものは、やはり会社全体のスキルアップです。

赤野コーチにお手伝いして頂いて、更に高い精度と
エネルギーのある会社にしていきたいと考えています。

今後ともよろしくお願い致します。

有限会社ヴォーグ(美容室業)

当社は徳島県内に9軒の美容室を展開しております。

近年、美容業界は競争の激化とともに、スタッフの
内部質の向上がなければ生き残れない、
お客様のスタッフに求める技術と接遇のレベルが
上がってきました。

カウンセリングにより、お客様の要望を聴き取る力が
必要ですが、スタッフは核家族家庭で育ち、
ゲーム世代で、入店当初は自分より年代の高いお客様への大人接客が苦手でした。

相手のことを思いやる想像力が上がれば、対応力も伸びると思い、コーチング研修を
お願いしました。

その結果、(受講生の意見)
1.やることの精度が上がった。
2.以前より話し合う機会が増えた。
3.聴き方が良くなり、話してくれる環境が作れるようになった。
4.相手の言うことを聞き切れるようになった。
5.思いやりが育った。
6.美容師として、職業に誇りとプライドを持てるようになった。

有限会社ヴォーグ(美容室業)
これまで30人以上のスタッフが1年間のコーチングプログラムを受講していますが、お客様への対応力も上がり、技術、商品販売ともに売上は伸びております。

夢を絵に描くことがあり、会社として、旗艦店を作りたいと描きました。
この春、60坪のサロン、駐車場18台、研修センターを完備して、みんなの夢を形にできる予定です。

これもコーチングを受講したおかげと感謝しております。
今後もさらに他の従業員にもコーチングを受講してもらい、成長し続けてもらえればと期待しています。

【ネガティブ・アプローチ】の実績

赤野公昭のコーチングでは、研修やセミナーを開催しています。
一度受けた方からご紹介をいただき、全国に輪が広がっています。
企業では「お客様からの感謝を引き出す営業マン研修」
「部下のやる気を引き出すマネジメント研修」「信頼関係を築く自分力研修」
「上司の力を引き出す部下力研修」
など、
また教育関係では先生や保護者を対象に
「子供たちの笑顔とやる気を引き出すコミュニケーションセミナー」などを
開催しています。

研修では、実際に私のコーチングを見ていただきます。
参加者からは、
「本で読んだのとはまったく違う。はじめてコーチングが分かった」
という感想もいただきました。

最近では、「夢を語る会」を開催しました。
このたびの震災で日本中が冷え込む中で、今こそ元気を出そうと企画しました。
2~3時間のプログラムの中で、夢を描き、
紹介し合うというシンプルなものですが、参加者からは
「あすへの活力になった」「人の夢を聞いていると応援したくなった」
「会社で社員とやりたい」
など多くの反響をいただき、
現在さまざまな会で実施しています。

会社のコミュニケーションは会議を見れば分かります。
ボスが強い組織はボスが会議のほとんどを仕切ります。
不信感が強い組織では意見がほとんど出ません。
部門間の対立が強いと、会議は当たり障りなく終わりますが、
見えない所で悪口や批判があふれ出し結局何も進みません。

逆に自由で信頼感に満ちている組織では活発な意見が交わされ、
自発的にチャレンジが次々と生まれます。


ファシリテータは根本的な問題を明らかにして、
メンバーを巻き込みながら粘り強く変革への挑戦を行います。
これからファシリテーションはマネジメント力の大切な一つとなると思います。

コーチングとファシリテーションの組み合わせ

コーチングとファシリテーションは組み合わせることで、
人や企業の力をさらに引き出すことできます。


組織変革のコンサルティングも行っていますが、特徴は、
まずコーチングで経営者が本当に実現したい企業像を明確にします。
ここがぶれるとうまくいきません。
そしてファシリテーションで従業員を巻き込みながら
プロジェクトを進めていきます。

ある企業では10年後にむけての長期プロジェクトを立ち上げて、
ビジョンの策定から後継者や若手リーダーの育成、営業能力の向上、
人事制度の改革に取り組んでいます。
そして一番大切なことは自分たちの幸せ、お客様の幸せを
自分たちで考えながら挑戦し、人材育成を図りながら
業績の向上を実現していくことです。

経営者には必ず実現したいことがあるはずです。
1人1人違う生き方を、経営で実現していただくことをサポートしています。


目標にむけていかに取り組むかも確かに大切です。
ただ、私は人や企業が元気になるには、「本当に実現したいことは何か」
「大切にしていることは」「何が真の問題か」「何が財産か」

といった原点をとことん明らかにすることから
はじめる必要があると考えています。

事実を積み重ね、原点が見えれば、納得が生まれます。
腹が固まると、おのずから解決策は見えてきます。


アメリカで始まったコーチング、ファシリテーションは、もともとは
「和」や「禅」という日本人が大切にしてきた日本古来の価値観です。
ただ、残念ながら逆に日本からこうした考え方が
失われてきているのかもしれません。

今、日本中にコーチやファシリテータが育っています。
もう一度、日本人の「誇り」と「元気」を取り戻すために、
原点に立ち返りいっしょに行動していきたいと思っています。



ぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。