赤野公昭 あなたの原点を探すコーチ&ファシリテータ

サービス内容

【わかる】から【できる】に変えるコーチング

最近どんな新しい一歩を踏み出しましたか?

海外旅行に行って「英語を学ぼう」と思っても、日本に帰れば忘れてしまう。
このように何かやろうと思っても、具体的に何をはじめたらいいのか。

一歩が前にでないという経験は、誰にでも覚えがあるのではないでしょうか。

コーチングは、動機や行動に焦点をあてることで本当のやる気を引き出し、
最高の成果をあげる一歩を踏み出すサポートをします。


いつもどんなことを考えていますか?

私たちは、仕事や家庭、趣味や恋愛などいつも何かを考えています。
ここで質問です。
1分前あなたは何について考えていましたか?
ほとんどの場合、誰も答えられません。
それは人の脳はおそるべきスピードで考え、次々と流れているからです。

友達などと話していて、思いもかけないアイデアがうまれたことはないですか。
コーチングでは質問し、あえて言葉に出してもらうことで、
流れてしまった考えを顕在化し具体化します。
そうすることで、自分でも気づいていない答えを引き出すのです。


話を聴いてくれる人はいますか?

話を聞いてもらっただけですっきりとした経験はありませんか?
人は話を聞いてもらいたいという欲求を誰でも持っています。

コーチングでは、とことん話を聴きます。
ここであえて「聴く」と書いたのは言葉だけでなく、
その人の感情や価値観にまで焦点をあてて聴くからです。

コーチは、「聴く」ことの特別なスキルを身につけています。

ティーチングよりコーチングの方がいいのでしょうか?

どちらがいいと言うわけではありません。
ティーチングとコーチングの特性をよく知った上で、
両方をうまく組み合わせると、相乗効果を発揮します。

ティーチングは答えを持つ人がもたない人を教えたり、指示します。
例えば学校の授業がこれにあたります。これに対してコーチングでは、
答えはすべて自分の中にあり、聴いたり質問することで、
自ら考え自ら行動することを支援します。

ティーチングは新入社員など知識を持たない相手にはすぐに効果がでますし、
コーチングは知識をもった中堅社員や管理職などに
さらに自発的な成長を促すときに効果を発揮します。

コーチングは目標がないとダメなのでしょうか?

コーチングは、目標に向かっていくことをサポートします。
走り出そうにも何に向かったらいいのか分からない。そういうときもあります。
そんなときはじっくりとエネルギーを充満することも大切です。

コーチングは、「いま」を見つめます。
「いま」 あなたに何が起きているのか、
「いま」 どういう気持ちなのか、
「いま」 大切にしたいことは何なのか、
しっかりといまの自分を理解することで、
大きな一歩を踏み出す準備をするのです。


主役は、あなたです。

コーチは、コーチングのスキルを使って、どんどん考えを引き出します。
クライアントは、さまざまなアイデアが出てきます。

そしてもっとも大切なのは、アイディアを行動につなげることです。
どんな道に進むかはあなた自身が決めるのです。
といっても行動に移すにはさまざまな課題や問題があるかもしれません。

オリンピックのマラソンで金メダルをとったQチャンの横には
いつも小出監督がいたように、目標に向かい行動を続けるために、
コーチは継続的に支援します。


さあ、夢に向かって一緒に走りましょう。

コーチングは、基本的に1対1で行ないます。

テーマは経営者であれば、「経営のビジョン」「経営の判断」
「従業員の能力向上、モチベーションアップ」
、あと案外多いのが
奥さまやご主人、息子さんとの関係です。
こうしたことについて、1~2時間2人だけで対話し、自分が本当に進みたい
方向を明らかにしていきます。考えるだけでは生き方はかわりません。
次回までの課題を持ち帰り、職場や家庭で実践していただきます。
これを2週間~1カ月に一度繰り返し、ゴールにむかって進んでいきます。

最近では、高校生のコーチングも行いました。
高校1年からの3年間で強みや弱みなどさまざまな自分に気づく中で、
生きる力が高まりました。結果的に飛躍的に成績も向上し、
夢だった大学にも合格しました。

あと、作家のコーチングも行っています。
これまで多くのベストセラーを生み出された有名作家の方は、
ここ数年スランプに悩んでおられました。
コーチングで自由に話すことでさまざまな気づきが生まれ、
新たな代表作を生むきっかけになりました。
このほかにも、経営者に脱皮したい後継者、夢を発見したい主婦、
プロスポーツ選手へのメンタルトレーニングなど
さまざまな方をサポートしています。

研修やセミナーも開催しています

あと研修やセミナーも開催しています。
一度受けた方からご紹介をいただき、全国に輪が広がっています。
企業では「お客様からの感謝を引き出す営業マン研修」
「部下のやる気を引き出すマネジメント研修」「信頼関係を築く自分力研修」
「上司の力を引き出す部下力研修」
など、
また教育関係では先生や保護者を対象に
「子供たちの笑顔とやる気を引き出すコミュニケーションセミナー」などを
開催しています。

研修では、実際に私のコーチングを見ていただきます。
参加者からは、
「本で読んだのとはまったく違う。はじめてコーチングが分かった」
という感想もいただきました。

最近では、「夢を語る会」を開催しました。
このたびの震災で日本中が冷え込む中で、今こそ元気を出そうと企画しました。
2~3時間のプログラムの中で、夢を描き、
紹介し合うというシンプルなものですが、参加者からは
「あすへの活力になった」「人の夢を聞いていると応援したくなった」
「会社で社員とやりたい」
など多くの反響をいただき、
現在さまざまな会で実施しています。

会社のコミュニケーションは会議を見れば分かります。
ボスが強い組織はボスが会議のほとんどを仕切ります。
不信感が強い組織では意見がほとんど出ません。
部門間の対立が強いと、会議は当たり障りなく終わりますが、
見えない所で悪口や批判があふれ出し結局何も進みません。

逆に自由で信頼感に満ちている組織では活発な意見が交わされ、
自発的にチャレンジが次々と生まれます。


ファシリテータは根本的な問題を明らかにして、
メンバーを巻き込みながら粘り強く変革への挑戦を行います。
これからファシリテーションはマネジメント力の大切な一つとなると思います。

コーチングとファシリテーションの組み合わせ

コーチングとファシリテーションは組み合わせることで、
人や企業の力をさらに引き出すことできます。


組織変革のコンサルティングも行っていますが、特徴は、
まずコーチングで経営者が本当に実現したい企業像を明確にします。
ここがぶれるとうまくいきません。
そしてファシリテーションで従業員を巻き込みながら
プロジェクトを進めていきます。

ある企業では10年後にむけての長期プロジェクトを立ち上げて、
ビジョンの策定から後継者や若手リーダーの育成、営業能力の向上、
人事制度の改革に取り組んでいます。
そして一番大切なことは自分たちの幸せ、お客様の幸せを
自分たちで考えながら挑戦し、人材育成を図りながら
業績の向上を実現していくことです。

経営者には必ず実現したいことがあるはずです。
1人1人違う生き方を、経営で実現していただくことをサポートしています。


目標にむけていかに取り組むかも確かに大切です。
ただ、私は人や企業が元気になるには、「本当に実現したいことは何か」
「大切にしていることは」「何が真の問題か」「何が財産か」

といった原点をとことん明らかにすることから
はじめる必要があると考えています。

事実を積み重ね、原点が見えれば、納得が生まれます。
腹が固まると、おのずから解決策は見えてきます。


アメリカで始まったコーチング、ファシリテーションは、もともとは
「和」や「禅」という日本人が大切にしてきた日本古来の価値観です。
ただ、残念ながら逆に日本からこうした考え方が
失われてきているのかもしれません。

今、日本中にコーチやファシリテータが育っています。
もう一度、日本人の「誇り」と「元気」を取り戻すために、
原点に立ち返りいっしょに行動していきたいと思っています。